区分けの仕組みや甲殻類のポイントについて勉強した

細分の理論などについて修練しました。綱が付くのはホ乳房綱、鳥綱、ハ虫綱、両生綱、硬骨魚綱、軟骨魚綱などがあります。視線が付くのは霊長視線、食虫視線、偶蹄視線、ネコ視線、翼秘訣視線、クジラ視線などがあります。科が付くのはヒューマン科、オナガザル科、ロリス科、キツネザル科、オランウータン科などがあります。属が付くのはヒューマン属、ゴリラ属、チンパンジー属、アウストラロピテクス属などがあります。原料が付くのはホモエレクトス、人などがあります。次は、節足動物についてだ。節足動物は、からだが殻(外側骨格)でおおわれ、節のいらっしゃるあしを秘めるなかまを節足動物といいます。最初は、甲殻みたいだ。エビはマニア・変貌して成長します。イセエビ・ガザミ・ミジンコ・ダンゴムシなどもそうです。からだの分別は、胸胸部と胃腸だ。あしは胸胸部に5対(エビみたいは他に遊泳脚)だ。はねはありません。触角は2対だ。視線は複眼1対(単眼を有するアイテムもある)だ。ブレス器は、えらだ。知らないことを学べて嬉しいです。ミュゼ 100円 いつまで