鳥獣のことやルール樹などについて勉強してた

化石について教育しました。地層の階級序と示準化石から明らかにされた同列樹は、過去の鳥獣がどのように分化し、進化してきたかを示しています。現在の地球には巨大なクジラからミクロバクテリアまで、多種多様な鳥獣が生息しますが、その全額がDNA(デオキシリボ核酸)というものを用いて父兄から子へ遺伝通知を伝達していらっしゃる。地球上のすべての鳥獣が有するこういう均一性は、すべての鳥獣が共通の先祖から分かれてきたものであることを示しています。現在のすべての鳥獣について遺伝通知の共通性を近間柄性とみなして整理すると、同列樹の中での枝分かれの流れがわかります。こうして示された手順は、過去の化石文書と比較することによって確認されています。鳥獣のボディーをつくるもとに罹るアミノ酸はもはや原始の海洋中に存在していたと考えられ、もうすぐ己模倣する大切が発生しました。このようなことを教育しましたが、知らないところがあったので勉強になりました。http://www.igroupcal.com/musee-hige/