本日なさるGroupCの二お天道様目線、第三賭けがNRG vs SKとなる。
真面目プレではSK優位と思われたが、少々思い付か賭けになったと昨日の意図を見てきつく感じた。
SK自体はよくもないがひどくも無い、非常にプレビューしにくい様態ですが、NRGに関しては昨日の賭けに限って言えば賛美を与えるべき内容の賭けだった。
スタンドインがいるとはいえ標的がAstralisに、フィットしているとは言いがたいtabseNとFuglyが堂々と渡り合い、むしろ前からある団員の見所を奪ったように感じた位の望ましい意図だった。
もう少し見逃しはしたものの、前日見せた奴らの動きはSKにとっては脅威となりえる。
とはいえ地力ではSKが勝るのも適切。想いはなかなか難しいが、NRGに活況がある分しばらく買い得と言えるかもしれない。
注意はtabseNと両グループのAWPerのptr、Fliisの3言い方。
tabseNの見せるアグレッシブな遊戯がSKの作戦が割れるか、体調によって出来に大きな差があるptrがどれだけ高いライブを出せるかが大切。3万円 キャッシング

細分の理論などについて修練しました。綱が付くのはホ乳房綱、鳥綱、ハ虫綱、両生綱、硬骨魚綱、軟骨魚綱などがあります。視線が付くのは霊長視線、食虫視線、偶蹄視線、ネコ視線、翼秘訣視線、クジラ視線などがあります。科が付くのはヒューマン科、オナガザル科、ロリス科、キツネザル科、オランウータン科などがあります。属が付くのはヒューマン属、ゴリラ属、チンパンジー属、アウストラロピテクス属などがあります。原料が付くのはホモエレクトス、人などがあります。次は、節足動物についてだ。節足動物は、からだが殻(外側骨格)でおおわれ、節のいらっしゃるあしを秘めるなかまを節足動物といいます。最初は、甲殻みたいだ。エビはマニア・変貌して成長します。イセエビ・ガザミ・ミジンコ・ダンゴムシなどもそうです。からだの分別は、胸胸部と胃腸だ。あしは胸胸部に5対(エビみたいは他に遊泳脚)だ。はねはありません。触角は2対だ。視線は複眼1対(単眼を有するアイテムもある)だ。ブレス器は、えらだ。知らないことを学べて嬉しいです。ミュゼ 100円 いつまで